メニュー

看護助手について

ホーム > 看護助手について

看護助手(看護補助)とは

主に看護師業務をサポートする業務で、医療行為(注射や点滴など)以外の業務をお手伝いする仕事です。
看護師と違って看護助手は資格を持たずに働けるのが特徴です。

具体的には入院している患者さんの食事の世話や、入浴の介助などの身の回りの世話、備品管理など、病院内の雑務を担当します。
命に関わる現場なので責任感も求められますが、患者さんと接することが多いので、コミュニケーション能力や観察力が身に付きます。

患者さんにとって、病院の中でいちばん身近な存在である看護助手は、感謝されることの多い働き甲斐のある仕事です。

看護助手の仕事内容について

食事介助
患者さんがお食事する際に見守りをします。
食事を運んだり、準備、後片付けも含みます。
入浴介助
お風呂に入るお手伝い、着替えのサポートや準備も含まれます。
入浴介助は、職員全員で行いますので一人一人の負担は軽減されます。
洗濯・衣類の整理
患者さんの衣類等の整理をします。汚れた衣類をまとめて洗濯に出したり、洗濯して出来上がったものを整理し、患者さんに返却したりします。
洗い物
患者さんの私物コップ、エプロンや医療機器等を洗浄します。
物品の補充
備品の整理や補充をします。
身体介助
ベッドや車イスへ移るお手伝いをします。その他、トイレまでの誘導や歩行の補助も含まれます。最初は先輩職員と共に行い、やり方を学んでいただきます。売店まで行けない方に、代行でお買い物をしたりもします。
おむつ交換
患者さんのおむつ交換は2人1組で行います。最初は先輩職員のアドバイスを受けることで、徐々にうまく出来るようになります。
掃除
患者さんが利用される病室・廊下や浴室などを清掃します。身の回りの整理整頓なども含まれます。